CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 軽量鉄骨と重量鉄骨の違い

軽量鉄骨と重量鉄骨の違い

一概に鉄骨住宅といっても、鉄骨には2つの種類があることをご存知でしょうか?こちらのページでは、この鉄骨住宅の種類について詳しく解説していきましょう。

鉄骨住宅は「重量鉄骨」と「軽量鉄骨」の2つに分類されます。違いを簡単にまとめると以下のようになります。

重量鉄骨
鋼材の厚さ:6mm以上 
コスト:高い
強度:軽量鉄骨と比較すると高い
品質:大量生産は不向き 
法廷耐用年数:34年

軽量鉄骨
鋼材の厚さ:6mm未満
コスト:低い
強度:重量鉄骨と比較すると低い
品質:工場生産が可能。品質も安定している。
法廷耐用年数:19〜27年

以上を踏まえて、ここからはより2つの種類について詳しく説明していきます。

重量鉄骨の特徴

鋼材の厚さが6mm以上となる重量鉄骨は、おもに、高層ビルマンションや商業ビルなど大規模建造物に用いられています。近年では戸建住宅にも、この重量鉄骨を採用している例があります。

重量鉄骨のメリット

一番のメリットは、建物の生命線ともいえる柱を地中深くに埋め込む工法(ラーメン構造)を使えることから、建物自体の強度を高めることができます。また、軽量鉄骨よりも少ない本数で、骨組みを構築できるので、自由度の高い間取りを実現できます。

例えば、柱の間隔を広くすることができるので、軽量鉄骨よりも柱の少ない、広い空間を作りだすことが可能。建築基準法で定めている法廷耐用年数は34年です。

重量鉄骨のデメリット

デメリットとしては、通常よりも建設コストが高くなる傾向にあります。先述のとおり、近年では戸建住宅に用いられることもありますが、重量鉄骨の建物は全体の重量が重くなることから、建物を支える地盤や基礎などもしっかりとした工事を行なう必要があります。この地盤工事のコストも加算されることを忘れないようにしておきましょう。

軽量鉄骨の特徴

鋼材の厚さが6mm未満。一般的な鉄骨住宅で広く活用されているのが、軽量鉄骨の大きな特徴です。住宅のほかにも、小規模な店舗や倉庫などでも採用されているようです。法廷耐用年数は重量住宅よりも少なく、19〜27年となっています。

軽量鉄骨のメリット

軽量鉄骨を使って住宅づくりをする最大のメリットは、建設コストを安く抑えて鉄骨で家を建てられること。重量鉄骨よりも薄い鉄骨を使うことから、その分材料費は安くなります。また、建物全体の重量も軽くなるので、地盤工事などにかかる費用も抑えられます。

基本的に工場で生産できるので、安定した品質を保つことができるのも大きなメリットの一つ。強度面では重量鉄骨よりも劣っていますが、国が定めた基準をクリアした強度しか新しい家は建てられないので、神経質になる必要はありません。

また、壁に斜めに細い鉄材(筋交い)を入れることで、より強度を向上させることができます。

軽量鉄骨のデメリット

デメリットは、建物全体の強度を高めるために、柱の数をある程度設置する必要があり、重量鉄骨と比較するとレイアウトの自由度は制限がでやすい点です。

また、重量鉄骨と比べると建物の重量が軽いことから、振動が伝わりやすく、部屋のなかの音が漏れやすいという傾向にあります。防音は遮音材を用いれば、ある程度解決することができます。

重量と軽量、どっちがいいの?

それでは、重量鉄骨と軽量鉄骨のどちらの鉄骨を使って住宅を建てたほうが、より良い住まいを造ることができるのでしょうか?「耐震性」「遮音性」の2つのポイントで比較していきます。

耐震性

重量鉄骨と軽量鉄骨の2つを比較した場合、どちらがより耐震性が高いかは単純に比較することができません。

単純なデータを元にすると、重量鉄骨がより頑強な建物を建てることができますが、先述のとおり、軽量鉄骨でもさまざまな工法を用いることで、耐震等級3クラスの住宅を建てることが可能です。

その場合、地盤にもよるので、一概にどちらの耐震性が高いとは断定できない、というのが大方の見方のようです。

鉄骨住宅の断熱性について詳しい情報はココから

遮音性

近隣とのトラブルにつながりやすい要因に生活音などがよくあげられます。

大きく分けて音は「固体音」と「空気音」の2つがあります。固体音とは、建物の構造内を伝わる音のことで、スピーカー音、空調音、トイレの排水音など。空気音は、文字どおり空気を伝わる音で、話し声などのことです。

特にトラブルの原因につながるのは、固体音。つまり壁を通して聞こえてくる音です。この固体音を伝達しにくくするためには、建物に使用する建材の厚さを高めると効果的。固体音の防音は「重量鉄骨」のほうが、遮音性を得ることができるでしょう。

ですが「軽量鉄骨」の場合でも、防音壁や遮音材を壁の構造に組み入れることで、通常よりも高い遮音性を獲得することができます。そのため、簡単にどちらかの鉄骨に限定することはせず、周囲の環境やコストなども踏まえて、バランスのとれた鉄骨を採用することが何よりも重要になってきます。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明