CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 鉄骨住宅の屋根について

鉄骨住宅の屋根について

建設の際に、一番初めに着手する屋根。雨や風から住む人を守ってくれる重要な部分です。また、季節による気温の変化や太陽の熱を防ぎ、快適に過ごせるのも屋根のおかげといえるでしょう。鉄骨住宅においても最も大切な役割を果たす屋根について基礎知識やトラブル事例を紹介します。

鉄骨住宅のほとんどが陸屋根(平屋根)を採用

陸屋根(平屋根)とは、その名のとおり平らな屋根のこと。鉄骨住宅によく用いられる形状です。天井が平らなため、三角屋根に比べてスペースが広がり空間にゆとりを持つことができます。

陸屋根(平屋根)のメリット

屋上のスペースを有効活用できるのが陸屋根のメリットです。バルコニーやベランダ、ガーデニングや太陽光発電を設置することができます。また、メンテナンスも簡単に行えるため、三角屋根など他に比べると清掃や工事にかかるコストも少ないのも嬉しいポイントです。一方で、その構造上、水はけが悪くちゃんと対策しないと雨漏りしやすいので注意しましょう。

鉄骨住宅の屋根のトラブル

雨漏り

鉄骨住宅の屋根トラブルでとくに多いのが雨漏りです。雨漏りは日常生活においても非常に困りものですし、カビが発生する原因にもなります。
さらにコンクリート部分にも雨が染み込んでしまい、鉄骨を腐食させることも…。「雨の日に困るだけ」「1か所だから大丈夫」と簡単に考えてしまう人もいますが、家全体の耐久性に関わるような深刻なトラブルを引き起こす可能性もあるのです。

雨漏りの原因

通常の屋根は斜めになっているので自然と雨が流れ落ちますが、鉄骨住宅の主流である陸屋根は平らな形状をしているため、そのままでは雨が流れ落ちません。そのためルーフドレインと呼ばれる排水溝を設けて、雨を流しています。
ですが、このルーフドレインが劣化などで機能しなくなると雨を排水できず、雨漏りの原因に。雨漏りを防ぐためには定期的なメンテナンスと防水工事がマストです。

鉄骨住宅の屋根の防水工事の種類

鉄骨住宅で多い陸屋根の防水工事は、大きく3つに分けられます。

塗膜防水

1つは液体の防水材料を複数回塗ることで、防水膜を形成して雨の侵入を防ぐ塗膜防水と呼ばれる方法。コスパがよく重ね塗りでOKなため、メンテナンスもしやすいのがメリットです。

防水シート

塗膜防水と似たような工法で、防水シートを張り付けるという方法があります。塩化ビニールまたはゴムでできたシートを接着するため、工事期間が短く低予算でできるのがポイントです。長期でのメンテナンスに向いていますが、難易度の高い工事になるので業者選びが重要になるでしょう。

アスファルト防水

また、以上の塗膜防水とシートによる防水を合わせた「アスファルト防水」という工法もあります。合成繊維不織布にアスファルトを含ませて塗ることで、それぞれのメリットを生かし、防水性能を高めた方法です。それぞれの価格は業者によって異なるため、事前に調べておくとよいでしょう。

鉄骨住宅の屋根についてのまとめ

  • 家でもっとも大切な箇所
  • 鉄骨住宅のほとんどが陸屋根
  • 雨漏り対策はしっかりと

鉄骨住宅を建てる上で、屋根は重要なポイント。トラブルを減らすためにも、定期的なメンテナンスは必要です。特に雨漏り対策はしっかり行いましょう。一方で、その方法や値段は業者によってさまざま。お金がかかる部分でもありますので、少しでも安く信頼できる会社に頼みたいですね。また、親身になって考えてくれる業者を探しましょう!

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明