CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 鉄骨住宅はリフォームしやすい!

鉄骨住宅はリフォームしやすい!

コチラのページでは、鉄骨住宅のリフォームについてくわしく解説しています。

鉄骨住宅がリフォームにも向いている理由

これから住宅づくりに取り組もうとしている方のなかには「可変性」という言葉を知っている方もいるのではないでしょうか? 近年、この可変性という言葉のもつ意味が、住宅づくりにおいて重要となってきているのです。

簡単にいってしまえば、可変性とは「リフォームを容易にできる性能」のことをいいます。住まいづくりでは、将来の生活を想像して、さまざまな間取りや空間づくりに時間や手間をかけていきます。しかし、時間が経てばさまざまなことが起きます。例えば、幸運にも家族が予定よりも増えたり、親世代と一緒に暮らすことになったり、また、反対に子どもが独り立ちしていったりと、当初は予定していなかったことが起きるのが、住まいで生活をするということではないでしょうか?

鉄骨住宅は、そんな刻一刻と変わるライフスタイルの変化に対応させるために必要な「可変性」を備えた住まいを建てることができます。建物に重要な構造部分である柱や梁を頑強な鉄骨で建てているため、自由な空間づくりをすることができるのです。例えば、木造住宅と比べて、必要最低限な仕切り壁で家づくりを行なうことが可能なため、あらかじめ広い空間を作りだすことができます。家族が増えて部屋が必要なときには、その部屋に仕切り壁を設置して、1つの部屋を2つにすることができます。

こうした可変性のない家を建ててしまうと、さまざまな原因からライフスタイルに適さない住まいになってしまいかねません。将来のことを考えた家づくりをするのであれば、可変性についても考慮にいれることも、きちんと考えておきましょう。

鉄骨住宅をリフォームする際の注意点

そんな可変性のメリットを最大限に活かすことができる鉄骨住宅ですが、いざリフォームを実施するときには、いくつかのポイントに注意しておかなければなりません。

建築基準法の確認

まず、そのリフォームが建築基準法に沿った工事なのかを事前に確認しておく必要があります。大規模なリフォームになればなるほど、建築基準法に抵触している可能性が出てくるので、工事前に業者に計画を伝達しておき、確認を取るようにしてください。

鋼材の確認

鉄骨構造の場合、木造住宅とちがって、シロアリなどの被害を受けにくいというメリットがありますが、湿気や水分によってサビなどが発生してしまうリスクがあります。もちろん、あらかじめ防サビ対策を施した家づくりをしている業者がほとんどですが、リフォームを行なう際には、あらためて鋼材に防サビ、防水対策を施しておくと、さらに建物自体の寿命が向上します。

気密性を高める改修なども行なう

鉄骨の天敵であるサビなどを防ぐには、気密性を高めることも大変な有効手段となります。窓ガラスやサッシなどを断熱性の高いものに変えるだけで、さらに気密性が高まるので、リフォームを行なうときは注意しておくといいでしょう。