CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 火災に強い家

火災に強い家

住宅を建てるには建築基準法という法律が大きく関わっています。建物は火災に耐えられるよう、屋根や外壁などを耐火性仕様にしなければなりません。万が一火災が起きた場合のことを備えたうえで、延焼しないように定められている地域もあります。

銀行や役場といった、都市機能が集まっている市街地や商業地域などの多くは、防火地域として指定されています。防火地域に家を建てる場合は、住宅の構造だけでなく、構造材や窓ガラスといった細かい部分もきちんと定められているのが特徴です。では、実際火災に強い住宅をつくるにはどのような面に目を向ける必要があるのでしょうか。

耐火性に優れている住宅の特徴やポイント

住宅外に火が出ないようにする

もし自宅が火元だった場合、住宅外に火が燃え広がらないようにしなければなりません。早期発見できる火災警報器の設置や、住宅そのものを耐火性に優れている素材で覆う必要があります。

他室への延焼を遅らせるよう、壁や天井内部の要所に使う素材(ファイヤーストップ材)が今重要視されています。ファイヤーストップ材を用いると温度の急上昇を防ぐことが可能です。室内の壁や天井(内側)に石膏ボードを使用すると◎。柱が火に燃え移りにくくなるため、初期消火や避難がしやすくなります。

火に対して強い構造であるか

そもそも住宅自体の構造が火に強くなければなりません。火災が発生しても変形したり、崩れにくい構造であることがベストです。家によっては他の部屋に炎が広がらないよう、各室を完全分離する構造でつくられているところもあります。分離されているため、他の部屋に燃え広がりにくくなるのが大きな特徴です。

防火地域で木造の建造物を建てるにはいくつかの条件が必要になるため、状況や環境に応じたうえで適した構造を選ばなければなりません。

外からの火に強い仕様になっているか

外壁や屋根、軒天、窓は耐火性に大きく関わる箇所といっても過言ではありません。屋根で使える耐火性の素材は瓦や金属屋根材などがあげられます。一方、外壁はサイディング(アルミ、スチール、セメント)やモルタル、タイルといった種類が使用可能です。

屋根や壁に設置する遮熱シートは、外部の熱をシャットアウトする素材として重宝される素材の一つ。万が一隣家や周辺で火災が発生しても、火の粉が家の中に入るのを防いでくれます。

木造・鉄骨・RCの耐火性の違いとは

木造住宅の特徴と耐火性

木造住宅は木を用いているため、火災に強い住宅とはいえません。そのぶん火災に対応できるよう、多くの家の外側は金属板やサイディングでカバー。内側には石膏ボードのような火が移りにくい素材を設置しています。

鉄骨住宅の特徴と耐火性

鉄骨は高熱が加わった場合、強度が大きく下がります。温度が600度を超えると強度は半減し、それ以上になると曲がってしまう恐れも。ある程度の熱に耐えられるよう、耐火被覆材(たいかひふくざい)という不燃材を噴射したうえで使用します。

RC住宅の特徴と耐火性

RC住宅は材質自体が燃えないものの、外壁温度は1000度にも達します。建物が全焼したり崩れることは少ない住宅ですが、高熱によって構造の耐久性が低くなることも念頭に置きましょう。

RC住宅は耐火性が強い住宅ではありますが、実際建てるうえの費用がかかることは否めません。一方、耐火被覆材を用いた鉄骨造住宅の耐火性は木造よりも高いため、コスト面でみると鉄骨住宅が一番安定している構造と言えます。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明