CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 地震に強い家

地震に強い家

コチラのページでは、地震に強い家をつくるうえで必要な基礎知識を紹介しています。

地震対策の構造とは

地震に強い家をつくるには地震対策の構造を知ることがマスト。構造は3つの種類があるため、それぞれの違いをしっかり抑えましょう。

耐震(地震の揺れに耐える構造)

建物を支える部分である柱や壁、梁(はり)などを頑丈につくり、建物の崩れや倒壊を防ぐ構造です。筋交いや補強金具で建物を補強し、構造用合板にて耐力壁を設置。1981年に施行された「新耐震設計基準」に基づいてつくられた建物は、建物の倒壊回避だけではなく、人命を守ることも考えられた仕様です。

地震のパワーが建物に直接伝わりやすい構造のため、揺れを感じやすいのも特徴。地震発生時の揺れに備え、建物の揺れを受け流す免震構造や、揺れを吸収する制震構造でつくられたマンションも増えてきています。

免震(地震の揺れを受け流す構造)

建物と基礎との間に免震装置を設置する構造です。地盤が直接建物に触れないため、地震の揺れを受け流すことが可能。地震発生時は免震装置が変形により、激しい揺れをゆっくりとした揺れに変えてくれるため、家具の転倒等がさほど起こりにくい構造です。

2004年には、免震建築物を構造するうえで必要な技術的基準が改正されたため、戸建て住宅の免震装置設計が行ないやすくなったといわれています。

免震装置には主に「転がり免震」「積層ゴム免震」「すべり免震」と大きく分けて3種類が存在。これらは建物が建てられた後も定期点検が必要なため、維持費用も考えなければいけません。

制震(地震の揺れを吸収する構造)

建物内に揺れを吸収する制震装置(エネルギー吸収装置)を設置する構造です。制震装置には、錘(おもり)やオイルダンパー、制震パネルと様々な種類があります。安価な費用で設置できるぶん、コストパフォーマンスに優れている装置です。高層ビルのような、上階ほど揺れが大きくなる建物に有効的な技術として採用。繰り返しの揺れや風揺れ対策などにも効果的な構造です。

耐震等級について

地震が起きても倒壊しない安全な家をつくるためには、耐震等級も確認して起きたい重要なポイントです。この耐震等級は「住宅の性能表示制度」の一部として定められました。

耐震等級というのは、建物構造に関する基準や強度を表すものです。耐震性能を満たす水準として1~3に分かれています。

  • 耐震等級1…数100年に一度程度の地震(震度6強~7程度)が発生した場合でも崩壊や倒壊しない。
  • 耐震等級2…等級1で考えられる1.25倍の地震が発生しても持ちこたえる状態。
    学校や病院は主に等級2だと言われています。
  • 耐震等級3…等級1で考えられる1.5倍の地震が発生しても持ちこたえる状態。
    等級3は防災の拠点となる場所(消防署・警察署など)です。

木造・鉄骨・RCの耐震の違いとは

木造住宅の特徴と耐震性

木造住宅はその名前の通り、木を用いた住宅です。構造方法には「在来軸組工法」(ざいらいじくぐみこうほう)と「枠組壁工法」(わくぐみかべこうほう)の2種類があります。

建物を木の柱と梁の強度で支える在来軸組工法は、柱と柱の間に筋交い(ブレース)を入れて耐震性や耐久性を確保。他の工法と比べ家自体が軽くなるため、地盤に負担がかかりにくいのが特徴です。一方枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は、2×4インチの枠材の材料を基準とし、パネルを組み立てて作ります。在来工法に比べ隙間が少なく、地震や台風に強い工法です。

鉄骨住宅の特徴と耐震性

鉄骨住宅は鉄骨を用いている住宅です。鉄骨住宅と一口にいっても、使用される鉄骨は「軽量鉄骨」「重量鉄骨」という2つの種類があります。鋼材の厚みが6mm以下の場合は軽量鉄骨、6mm以上の場合は重量鉄骨と分類。一般的な住宅は軽量鉄骨が使われ、ビルやマンションといった大型建築物は重量鉄骨が用いられます。

工法は、柱や梁などの部位を溶接する「ラーメン工法」と、柱や梁を対角線でつなぐ「ブレース工法」の2種類。ブレース工法はある一定の重さを超えると強度が低くなりますが、ラーメン工法は比較的大きな荷重でも変形しません。そのため、ラーメン工法のほうが耐震性が高く、リフォームや開口部の自由度が高い構造といえます。

RC住宅の特徴と耐震性

RC住宅は鉄筋とコンクリートを用いてつくる住宅です。鉄筋は引っ張る力に強く、コンクリートは圧縮力が極めて強いため、地震や火事に強いのが特徴です。木造や鉄骨よりも重いぶん、地盤が弱い場合は地盤改良費のコストがかかる場合も。

地域によって坪平均単価は異なりますが、木造で59万円、鉄骨は83万円、鉄筋コンクリート86万円という結果が出ています。コスト面と耐震性を踏まえて考えると、鉄骨住宅がとりわけ最適な住宅と言えるでしょう。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明