CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 木造VS鉄骨、他の工法VS鉄骨の違い

木造VS鉄骨、他の工法VS鉄骨の違い

住宅づくりでは「どのような工法で建てるのか?」ということで悩む瞬間がやってきます。日本では、鉄骨や木造という、工法で家づくりを実施することが一般的です。住宅を建てる土地の質や周辺の風土にもよりますが、それぞれの工法がもっているメリットやデメリットをしっかりと把握しておけば、頑丈でいつまでも家族のよりどころとなる家づくりをすることができるでしょう。

そこで、ここでは「鉄骨住宅」「木造住宅」などさまざまな工法の特徴などについて、説明していきたいと思います。

各工法の特徴

ここでは、鉄骨住宅と木造住宅、そして、鉄骨住宅の代表的な工法である鉄筋コンクリート造住宅(RC住宅)、鉄骨鉄筋コンクリート造について解説していきましょう。

鉄骨住宅とは

住宅の主要な建造材に鉄骨を用いているのが鉄骨住宅です。建物の大きさに応じて鋼材の厚みが変わるのが一般的で、基本的な戸建ての鉄骨住宅には厚さ6mm以下の「軽量鉄骨」が用いられています。6mm以上の鋼材は「重量鉄骨」と呼ばれ、ビルなどの大型建築物に採用されるのが主流です。

軽量鉄骨は厚みが薄い分コストを安く抑えられるメリットがあり、重量鉄骨は丈夫で間取りの自由度が高いのが魅力です。鉄骨住宅は素材である鉄や鋼がしなりやすいので、地震のエネルギーを吸収しやすい構造。木造と比べると完全に倒壊する可能性が低くなります。鉄骨工法を採用している大手のハウスメーカーのほとんどは、形式適合認定と呼ばれる国の認定を受けて設計しているので信頼してお願いできるのも利点。工事が行われる期間についても比較的短く済むのが特徴です。

木造住宅とは

その名の通り、木材を建造材に用いている工法のことで、日本の住宅において、半数以上を占めています。鉄骨住宅と比べると強度において劣りますが、硬い木材などを用いることも可能で、デザイン設計に関する自由度が高いことで知られています。

狭い土地や変形している土地などでも立てやすく、増改築にも対応可能。素材である木自体が日本の気候や風土で育ったものだと、日本の気候に強い家が生まれます。工法によっては地震や台風に強く設計されていて、風を通しにくくすることも。ただニーズに合わせたさまざまな工法が可能なので、柔軟性があるぶん設計する人の技術力が求められます。木造住宅では経験と実績のある建築業者を選ぶのがポイントといえるでしょう。また、他の住宅に比べて低コストで建設できるのも木造住宅のメリットです。

鉄筋コンクリート造住宅(RC造)とは

コンクリートを建造材に用いているのがこの工法の特徴で、RC造(Reinforced Concrete Construction)と呼ばれるのが一般的です。主に集合住宅(マンションなど)を建てる際には、この工法が主流となっていますが、近年では、戸建てに採用する場合もあるようです。

鉄筋と呼ばれる鉄の芯と丈夫なコンクリートで建設するため耐久性や耐震性に優れているのが特徴。熱に強く、音を遮断することから断熱性・耐熱性や遮音性も期待できるのがメリットです。しかし、木造住宅や鉄骨住宅に比べて工事の期間は長くなってしまうので注意しましょう。また、建設する際は土地が重要になり、弱い地盤だと改良費用にお金がかかってしまうことも。他の工法よりもコストがかかってしまうことを想定しておくのがベストです。

鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造)とは

この工法はSRC造(Steel Reinforced Concrete Construction)と呼ばれています。RC造と同様で、おもに集合住宅や高層ビルなどに用いられています。明確な違いは、まず鉄骨を組んで周囲に鉄骨を配し、そこにコンクリート材を打ち込むことで、より高い耐久性を建物にもたせることができます。

ハウスメーカーによって扱えない場合もあるので、SRC造にしたい場合は、事前に業者へ相談するのがベストです。近年では高級住宅を建てたい人にも需要が高まっているのが特徴。他の工法より建設コストが高くなるケースが多いので予算に見合うかどうか確認しておくと後のトラブルを防げるでしょう。

鉄骨、木造、RC工法、鉄骨鉄筋コンクリート造の徹底比較!

ここまで4つの工法について解説してきました。そこで鉄骨工法、木造工法、鉄筋コンクリート造住宅(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造)、それぞれの工法を「耐震性」「耐久性」「耐火性」「遮音性」「設計方法(間取り)の5つのポイントで比較してみました。
※◎(最も優れている)、○(優れている)、△(一般的)、×(やや劣る)

耐震性の違い

  • 鉄骨工法:○
  • 木造工法:△
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):◎
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):◎

木造工法でも使用する木材によっては、高い耐震性をもたせることができますが、鉄骨工法と比較すると劣る結果となります。

鉄骨工法は、木造よりも重量が重くなるため、地震の揺れを感じやすくなりますが、鉄骨を用いている分、耐震性が高く、完全倒壊のリスクが少ないことが大きなメリットです。

耐久性の違い

  • 鉄骨工法:◎
  • 木造工法:○
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):◎
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):◎

それぞれの工法にかんする耐久性は、耐震性にかんするメリットやデメリットがそのままあてはまります。

ただ、鉄骨工法にかんしては家づくりの場所に注意する必要があります。もし、海岸などが近い場所で住宅を建てる場合には、塩などによりサビが発生しやすくなり、耐久性が著しく落ちてしまうことがあるので、住宅づくりの前に確認しておく必要があるでしょう。

耐火性の違い

  • 鉄骨工法:◎
  • 木造工法:△
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):◎
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):◎

耐火性の基準となる住宅の耐火構造とは、火災が発生してから建物が倒壊、変形、溶融などの損傷などが生じにくい性能を備えていることです。

主に、外壁や柱、梁、屋根、階段などの部位で耐火構造が求められます。木造工法は、使用されている建材が木材ということから、火災に弱いといわれています。

遮音性の違い

  • 鉄骨工法:△
  • 木造工法:△
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):◎
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):◎

生活音などで近隣の住人とトラブルになるケースも少なくありません。そういったトラブルを回避するために注目しておきたいのが建物の遮音性です。一般的に鉄筋コンクリート造住宅(RC造)や鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造)は遮音性が高く、木造住宅は低いとされています。

その中間にあたる鉄骨住宅にかんしては、骨組みなどによっては遮音性が低くなってしまうことがあります。遮音材などを用いて、遮音性を高めておく必要があるでしょう。

設計方法(間取り)の違い

  • 鉄骨工法:△
  • 木造工法:○
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):◎
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):◎

設計や間取り、デザイン性に優れているのは、地震や火災に強く、どのようなデザインの住まいも建てることができるRC工法、SRC工法といわれています。木造工法もある程度の自由な間取りを実現できますが、鉄骨工法にかんしては、自由度が下がってしまいます。

コスト

  • 鉄骨工法:○
  • 木造工法:◎
  • 鉄筋コンクリート造住宅(RC造):×
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造住宅(SRC造):×

家づくりにおいて、重要なポイントであるコスト面。鉄骨やコンクリートなどを用いる鉄骨工法、RC造、SRC造は、コスト面で高くなる傾向にあり「ある程度のコストがかかってもいいから、耐震性や耐久性に優れている住宅に住みたい!」という方におススメできる工法です。

それに対して建材費が比較的安価な木材工法は「将来のために、ある程度の自由度がある住まいがいい!」を選んでおくといいでしょう。いずれにしても、住まいづくりを行なう際には、自分の要望とコスト面のバランスがとれていることが、何よりも重要になってくることを覚えておきましょう。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明