CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 鉄骨住宅は寒い?

鉄骨住宅は寒い?

「鉄骨構造の家は寒い」そう耳にしたことはありませんか?実は、鉄骨住宅に限らず、木造でも鉄筋コンクリート(RC工法)でも、断熱材が適切に設置されていなければ寒くなります。

そのため、鉄骨住宅が特に寒いというのは間違いなのです。ここでは、寒さ対策に必要な断熱の重要性について調べてみました。

外断熱・内断熱とは?

断熱工法は、外断熱と内断熱の2種類。どちらも断熱することには変わりありませんが、効果やコスト面で大きな差があります。

外断熱(外張り断熱工法)

建物全体を断熱材で覆う方法です。隙間なく断熱材を充填できるため、高断熱・高気密に優れています。

内断熱(充填断熱工法)

室内から断熱材を充填する方法です。建物の中から必要な場所に施行できるので、外断熱に比べるとコストを抑えられます。

大手ハウスメーカーの断熱性

ダイワハウス

鉄骨住宅で困難とされていた外張り断熱を実現。建物の構造全体を包み込むことで、外部環境からの影響をシャットダウンしています。

セキスイハイム

断熱材を柱と柱の間に充填する方法。外壁に接している柱の外側にも、断熱シートを入れています。

ヘーベルハウス

世代省エネルギー基準をクリアするヘーベルシェルタードダブル断熱構法を採用。コンクリートの10倍もの断熱性があります。

なぜ寒く感じる?

ダイワハウスやセキスイハイム、ヘーベルハウスなどの大手ハウスメーカーが建てた家でも「寒い」といわれることもあります。

結局のところ、鉄骨・木造・RC工法でも適切な断熱をしていないと意味がないのです。

大手ハウスメーカーが建てた家でも寒いと感じるのであれば、何かしらの対策をしなければなりません。

必要な性能を考慮して断熱材を選ぶ

鉱物繊維系

グラス繊維を使ったグラスウールや、鉱物を加工したロックウールなどの最も低コストな断熱材。断熱性能だけでなく、防音性や吸音性が高いのも特徴です。

木質繊維系

古紙をリサイクルしたセルロースファイバーや、木の繊維から製造した建材のインシュレーションボードなど、自然素材を使用した断熱材。こちらも防音性と吸音性に優れています。

発泡プラスチック系

プラスチックを発砲させて作りだした硬質ウレタンフォームやポリスチレンフォームなどの断熱材。ほかの断熱材に比べると、耐熱性や防湿性が高いのが特徴です。

発泡ウレタンフォーム(吹き付け)

ウレタン原液を発砲させてスプレーガンで吹き付けてる断熱材。内壁の形状に合わせて施行できるので、建物の気密性を高められます。

鉄骨住宅を暖かくするためのポイント

窓の断熱性を高める

住宅の中で窓は一番熱が逃やすい場所です。それだけでなく、冷気が窓から壁へ流れて床を冷やす「コールドブラスト」という現象を引き起こすことも。

外からの冷気をシャットアウトするためには、断熱性能高い内窓を設置するのが有効です。

換気をしながら暖かさを維持

冬場は換気口を閉め切ってしまいがちなので、室内の空気が滞り気味に。

外の空気を室内の温度に近づけて室内へ送り込む第1種換気方式を導入すれば、暖かく空気のきれいな室内環境を実現できます。

床下の換気口を閉じる

住宅の基礎部分に床下換気口が設置されている場合、換気口を閉じることで寒さを軽減できます。

ただし、閉めきったままにすると床下に湿気が溜まり続けるので、ときどき換気してあげましょう。

暖房で家全体を暖める

エアコンやストーブ、ファンヒーターなどで家を暖めます。石油ファンヒーターはおすすめですが湿気を放出するため、湿度対策が必要です。

床を工夫する

常に足に触れているのが床です。足元が冷えると体感温度が下がり寒く感じてしまうのだとか。断熱シートや絨毯、カーペットなどを敷くことで対策しましょう。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明