CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 鉄骨住宅の住みやすさ

鉄骨住宅の住みやすさ

鉄骨住宅は夏暑くて、冬が寒い?

「頑丈で家族の安心を守れる住まいにしたい」という理由から鉄骨住宅を選ぶ人もたくさんいます。ですが、鉄骨という無骨な響きから、さまざまな不安を抱えてしまう人もめずらしくありません。その不安のひとつが「鉄骨住宅は夏に暑くなってしまうのではないか?」というもの。

その名のとおり、鉄骨住宅は軽量鉄や重量鉄などの金属をおもな主要構造で活用している住宅です。

確かに、木造住宅よりも耐火性、耐震性に優れていますが、調湿性が低いため、何の工夫もしなければ「夏は蒸し暑く」、「冬は底冷えしてしまう」、という特徴をもっています。

鉄骨住宅を建てる場合、これらのデメリットを補うためにさまざまな工夫が必要になります。

例えば、壁には「断熱性」と「調湿性」に優れた材質のものを使用するといった感じです。床などにも同様の工夫を行なうことで、木造住宅と何ら変わらない快適な住まいを手に入れられます。

鉄骨住宅の防音性

防音性にかんしても、鉄骨住宅を建てる際に気をつけなければならない大きなポイントのひとつです。理由は、鉄骨材には音を吸収する性質がないから。

例えば、鉄骨住宅の壁を軽く叩くと軽い音が隣の部屋まで、ダイレクトに届きます。それでは、防音性を求めるのであれば、頑丈な鉄骨住宅をあきらめなければならないのでしょうか?

実は、鉄骨とコンクリートを使った鉄筋コンクリートを使えば、壁と壁の間にコンクリートが敷きつめられるため、高い防音性を獲得できます。

それ以外にも、鉄骨住宅に防音性をもたせることは可能です。床にグラスウールなどといった吸音材や緩衝材を用いてみたり、壁にも同様の素材を使ってみたりすることで、高い防音効果を得ることができるようになります。

鉄骨住宅の気密性

気密性とは、部屋の温度を一定に保つための性能のこと。例えば、冷暖房を使用する際に効率を向上させたり、換気を行なったりする際に必要となります。快適な気密性を有した鉄骨住宅を建てる際には、断熱材にこだわることを忘れないでおきましょう。

鉄骨は、ただでさえ木造よりも気密性で劣ってしまう性質をもっています。

そのため、鉄骨住宅を建てる際に下手な建て方で、気密性の確保を怠っていると、すきま風が入ってきたり、せっかくの暖かい、冷たい空気が出て行ってしまったり、冷暖房などによる消費エネルギーが余分にかかってしまり、といったさまざまな不具合が生じてしまいます。

住宅メーカーの選び方が非常に重要になってきます。