CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅の基礎知識 » 鉄骨住宅とは

鉄骨住宅とは

鉄骨住宅は、柱・梁などの構造部はH型鋼などの鋼材を使用しています。耐震性を備えた構造で計算されているぶん、地震に強いのが最大の特徴です。また、錆(サビ)を防ぐ塗装が行なわれているため、耐久性が高く劣化しにくいのも大きなポイント。柱のない空間をつくることができるので、自由に間取りを設けられます。

鉄骨住宅の種類

ちなみに鉄骨住宅の種類は「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の2種類。軽量鉄骨は主に一般住宅で使われる鉄骨で、厚さが「6mm未満の鋼材」を指します。

一方重量鉄骨は商業施設やビル建設に使われる鉄骨です。軽量鉄骨に比べ、耐久性や耐震性をより兼ね備えているのが特徴。この重量鉄骨を使い、一般住宅を建築しているところも増えてきました。

※重量鉄骨と軽量鉄骨の違いについては下記で詳しく説明しています。

災害に強い鉄骨住宅

東日本大震災の後で流されずに残っている鉄骨住宅の映像を見た方も多いと思います。今後いつ大地震が来るかわからないと言われているせいか、最近は鉄骨住宅を建てる方が増えているようです。

今鉄骨住宅がいい理由

鉄骨住宅で使われる「鉄」は圧縮力や引張力に強く、変形が起きにくい材料です。鉄でできた建物は地震や台風の風にも耐えられる耐震力・耐久力を持っています。多国と比べ、地震が多い日本では、鉄骨住宅がとりわけ適した住宅といえるでしょう。

リフォームがある程度自由にできるのも鉄骨住宅の特権です。家は建てるにも壊すにも費用がかかるもの。鉄骨住宅はコストを抑えたうえで、時代やライフスタイルに適した環境を生み出せます。

では、鉄骨住宅には具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?このページでは鉄骨住宅のメリットやデメリットについて、紹介しています。

メリットデメリット早見表

メリット ・耐震性を備えた構造のため、地震に強い
・軽量気泡コンクリートを敷いているぶん遮音性が良い
・柱の間隔を広めにとれるので、自由な設計が可能
・柱で家を支えるぶん、間取りを自由に変えやすい
・サビ止め塗装、予防対策をすると長持ちする
・耐力壁を設ける必要がないため、大きな窓を設置できる
・木造よりも火災保険料が安くなる
デメリット ・木造と比べるとコストが高くなる
・頑丈な基礎が必要になるため、建築期間が長くなる
・鉄骨は重量があるぶん、地盤が弱いところは地盤強化が必要となる
・木造住宅よりも柱が太く少ないため、部屋の隅の柱が出っ張ってしまう
・鉄の性質上、木造住宅よりも部屋に湿気がこもりやすい

鉄骨住宅のデメリット

  • コストが高め

    鉄骨住宅は木造と比べると割高になりますので、広い土地があるなら、鉄骨のメリットはそれほどないかもしれません。

    しかし、都心の様に狭い土地に間取りを多くとって建てる必要があったり、1F部分を駐車場にしたり、店舗の様な広い空間が1Fに必要だったりする場合は、鉄骨住宅がオススメです。

  • 建築期間が長い

    コンクリートの強度を出して頑丈な基礎が必要なので、木造住宅のような期間では建てられません。

    その点も考慮し、計画を立てたほうが良いでしょう。

  • 土地によっては地盤強化が必要

    鉄骨住宅はかなり重いので、地盤が弱い場合は地盤強化をする必要があり、その場合、費用がプラスでかかります。

    例えば、沼地の埋め立て地だった場合は、杭打ちや地盤改良で、地盤を堅くします。そうすることで、加重がかかっても沈まない様に対策します。この場合は更にコストがかかるので、注意が必要です。

    鉄骨住宅づくりで欠かすことができない地盤について

  • 柱が出てしまう

    鉄骨住宅は柱が太いために、どうしても部屋の角に柱が出てしまう工法もあります。

  • 湿気がこもりやすい

    木は室内の湿気を適切に調整してくれるだけでなく、湿気を吸う働きがあります。一方、鉄は湿気を吸いません。鉄骨住宅を建てる場合の湿気対策はとりわけ必須です。

    関連記事は下記から

    鉄骨住宅の結露はなぜ起こってしまうのか?
    その原因と誰でもできる対策を紹介!

鉄骨住宅のメリット

  • 地震に強い

    構造計算の必要があるので、必然的に強度が高く、地震には強い設計になります。

    地震の時は揺れますが、これは揺れてエネルギーを吸収しているからです。鉄骨住宅は、いっきに壊れないのも安全面で安心できるポイントです。

    【工法別】鉄骨住宅などの耐震性を徹底リサーチ!

  • 遮音性が良い

    木造住宅では、2Fの足音や物を落とした音が響きますが、鉄骨住宅では1Fと2Fの仕切りにALC(軽量気泡コンクリート)を敷いている(※重量鉄骨のみ)ので、とても遮音性が良いです。

    コンクリートの厚さを13cmとれる重量鉄骨は、とりわけ遮音性に優れています。しかし、重量鉄骨でも、軽量化のためにコンクリートボードや木で床を作る場合、遮音性は木造と変わりませんので、事前に仕様をよく確認しましょう。

  • 柱の間隔がとれる

    鉄骨住宅は、木造住宅に比べて、柱の間隔を広くとることができます。木造住宅で鉄骨住宅と同じ間隔をとろうとするには、太い木材を使用すれば実現できます。が、コストが高額になってしまい、現実的ではありません。柱の間をあけられるということは、自由な設計を実現しやすいです。

    軽量鉄骨では約5mと限られていますが、重量鉄骨では具体的な数値が設けられていません。庭が広く設置できるぶん、駐車場の車を保護できるので、鉄骨住宅では1Fを駐車場、2Fを部屋にする方が多いです。

  • 間取りを変更しやすい

    子供が巣立って老夫婦だけが住む家になったなど、状況に応じて間取りを変えたくなった場合、鉄骨住宅は木造より可変性があります。鉄骨住宅の場合、家を柱で支えているので、柱さえしっかりしていれば壁は比較的自由に移動ができます。一方、木造住宅は柱と壁で支えているので、変更できなくはないですが、容易ではありません。

  • 長持ちしやすい丈夫さ

    サビさえ予防・ケアできれば100年くらい長持ちすると言われています。施工時に、サビ止めの塗装や、鉄骨周りを外壁材でサビから守る対策をします。

    住宅ローンに関わる鉄骨住宅の耐用年数とは

  • 大きな窓をつけられる

    木造では柱と柱の間に耐力壁を設けなければなりません。しかし、鉄骨住宅ではその必要がないため、大きな窓をつけられます。風が通りやすく太陽光が入りやすいぶん、夏は暑さがやわらぎ、冬は暖かな環境を保てます。

  • 火災保険料が安い

    木造住宅よりも鉄骨住宅で建てたほうが、火災保険料が安くすみます。保険を加入するには耐火構造を確認できる証明書が必要です。

人気の鉄骨住宅にはメリットもデメリットもあります。鉄骨住宅を建てる場合には、鉄骨住宅の欠点をしっかりカバーしてくれる住宅会社を選ぶようにしましょう。

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明