首都圏で鉄骨住宅を建てるメリットを詳しくお届け!

鉄骨住宅とは

柱・梁などの構造部は木材ではなくH型鋼などの鋼材を使用ことから、木造住宅より鉄骨住宅が丈夫であるのは、誰でもわかること。では、それ以外にはどんなメリットがあるのでしょうか?こちらでは鉄骨住宅のメリットやデメリット、軽量鉄骨と重量鉄骨の違いなどについて、紹介しています。

東日本大震災の後で流されずに残っている鉄骨住宅の映像を見た方も多いと思います。今後いつ大地震が来るかわからないと言われているせいか、最近は鉄骨住宅を建てる方が増えているようです。

>>鉄骨住宅に強い首都圏のハウスメーカーを比較しました

鉄骨住宅のメリット

  • 地震に強い
    構造計算の必要があるので、必然的に強度が高く、地震には強い設計になります。
    地震の時は揺れますが、これは揺れてエネルギーを吸収しているからです。鉄骨住宅は、いっきに壊れないのも安全面で安心できるポイントです。
  • 遮音性が良い
    木造住宅では、2Fの足音や物を落とした音が響きますが、鉄骨住宅では1Fと2Fの仕切りにALC(軽量気泡コンクリート)を敷いている(※重量鉄骨のみ)ので、とても遮音性が良いです。
    重量鉄骨の場合はコンクリートの厚さを13センチとれるので、更に遮音性が良いです。しかし、重量鉄骨でも、軽量化のためにコンクリートボードや木で床を作る場合、遮音性は木造と変わりませんので、事前に仕様をよく確認しましょう。
  • 柱の間隔がとれる
    鉄骨住宅は、柱と柱の間隔(スパン)をとることができます。木造住宅も、太い木材を使用すれば可能ですが、とても高額になってしまい、現実的ではありません。
    軽量鉄骨では約5mが限界ですが、重量鉄骨なら何mでも可能。庭が広くとれて、駐車場の車が保護できるメリットがあるので、鉄骨住宅では1Fを駐車場、2Fを部屋にする方が多いです。
  • 間取り変更がきく
    子供が独立して生活スタイルが変わったり、リフォームで間取りなどを変えたい場合、木造より自由度があります。鉄骨住宅は全てを柱で支えているため、自由に壁の移動ができます。木造住宅は柱と一部の壁が構造の一部になっているので、変更できなくはないですが、容易ではありません。
  • 丈夫で長持ち
    サビの問題さえなければ100年くらい持つといわれています。施工の際にサビ止めの塗装をしたり、サビないように鉄骨周りを外壁材で囲ったりします。

鉄骨住宅のデメリット

  • コストが高め
    鉄骨住宅は木造と比べると割高になりますので、広い土地があるなら、鉄骨のメリットはそれほどないかもしれません。
    しかし、都心の様に狭い土地に間取りを多くとって建てる必要があったり、1F部分を駐車場にしたり、店舗の様な広い空間が1Fに必要だったりする場合は、鉄骨住宅にする方がオススメです。
  • 建築期間が長い
    コンクリートの強度を出して頑丈な基礎が必要なので、木造住宅のような期間では建てられません。
    その点も考慮し、計画を立てたほうが良いでしょう。
  • 土地によっては地盤強化が必要
    鉄骨住宅はかなり重いので、地盤が弱い場合は地盤強化をする必要があり、コストがかかります。
    もともと沼地だったり埋め立て地だったりした場合には、杭を打ったり、地盤改良して地盤を堅くして加重がかかっても沈まない様にします。この場合は更にコストがかかるので、注意が必要です。
  • 柱が出てしまう
    鉄骨住宅は柱が太いために、どうしても部屋の角に柱が出てしまいますので、柱の位置には十分な検討が必要です。

人気の鉄骨住宅にはメリットもデメリットもあります。鉄骨住宅を建てる場合には、鉄骨住宅の欠点をしっかりカバーしてくれる住宅会社を選ぶようにしましょう。

軽量鉄骨と重量鉄骨の違い

鉄骨住宅は軽量鉄骨と重量鉄骨の2つに分けられます。

軽量鉄骨は大手プレハブメーカー等が採用している工法で、一般住宅で良く使われています。重量鉄骨は大型工業施設やビルなどの工法に用いられている工法で、近年この工法を採用する住宅が増えています。

軽量鉄骨のほうが比較的低コストですが、構造部分に使われる鋼材の種類や鉄骨の厚さが違う分、住宅性能の面で考えると重量鉄骨のほうが優れています

 
鉄骨住宅.com【首都圏版】