首都圏で鉄骨住宅を建てるメリットを詳しくお届け!

鉄骨住宅メーカーランキング【首都圏版】

おすすめの鉄骨住宅メーカー5つを比較し、ランキングにまとめてみました。

決定!鉄骨住宅メーカーランキング

比較ポイントは以下の3つです。

  • 最低施工価格:最安の坪単価で比較。
  • 家づくりのこだわり:耐震性・耐火性・耐風性・防錆などの住宅性能は充実しているか、強固な基礎を採用しているか…など
  • 保証・アフターケア:住宅瑕疵保険以外の保証やメンテナンスは充実しているか。

各メーカーの施工例画像や対応エリア、施主の口コミも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

1位:株式会社ワイビルド(重量鉄骨)


株式会社ワイビルド

→施工事例をチェック

坪単価目安 ◎ 坪単価:42.8万円~
家づくりの
こだわり
◎ 完全自由設計で重量鉄骨住宅が建てられる。施主の希望・ライフスタイル・趣味嗜好などを詳しくヒアリングした上で、最も適した設計案を提案してくれる。土地提案も可能。
●地震の横揺れを一般木造住宅の約半分以下に軽減できる「制震ブレース工法」や、一般木造の約5倍以上の耐荷重を持つ「角型鋼管柱」を採用。
通常の1.5倍(0.2→0.3)に地震係数を設定し、耐震性・安定性に優れる「ベタ基礎」(建物全体の底面全体にコンクリートスラブを組む)を標準装備。
●耐風等級2、耐火等級2、劣化対策等級1。
●最高等級3と同等の耐震性能を持つ。
保証・アフターケア ○ ●主要構造部10年保証。
●20年保証(引き渡し後10年経過時に、決められたメンテナンスを受けることにより、住宅瑕疵保証を10年引き延ばすことが可能)。
●5回(3ヶ月・2年・5年・10年・15年)にわたるアフターメンテナンスを実施。

【施主の口コミ評判】

  • 大手鉄骨メーカーは予算的に無理でした。でも、株式会社ワイビルドさんは重量鉄骨で金額面でも希望通りだったのでお願いしました。2F床下にALC(軽量気泡コンクリート)を敷いているので、音が響かず、とても快適に過ごしています。
  • 数ある住宅メーカーの中で一番親身になってくれたのが、ワイビルドさんでした。契約から完成まで細かいことも相談にのってくださり、今は使い勝手の良い家で快適な毎日を過ごしています
  • 「敷地いっぱいのリビングにしてください」と言う注文にもきちんと応えてくれました。生活動線も配慮されていて、住み心地も大満足です。

2位:ミサワホーム(重量鉄骨)


ミサワホームの施工例

→施工事例をチェック

坪単価目安 ○ 坪単価:50万円
家づくりの
こだわり
◎ ●壁に80mmの厚みを持たせた独自開発の「PALC外壁」を採用。耐火性・耐久性・遮音性・耐風性などの安全性能をさらに向上できる。
●布基礎・ベタ基礎・杭基礎など、地盤に合った基礎を採用。
●耐風等級2、耐震等級3、耐火等級3、劣化対策等級3。
保証・アフターケア ◎ ●構造体、防水、白蟻30年保証する「新築住宅保証制度」、その後も保証を延長できる「維持管理保証制度」、住まいの売買時にも安心の「既存住宅保証制度」という3つの長期保証制度あり。
●引き渡し後、6ヵ月目、11ヵ月目、23ヵ月目定期巡回、10年目、20年目無料定期点検、30年目以降は10年毎有料定期点検の継続が可能。

【施主の口コミ評判】

  • 耐震性など考えて、信頼できるミサワホームに決めました。とてもきちんとした施工をしてくださり、追加工事もすぐに対応していただけ安心できました。
  • ミサワホームは営業の方をはじめ、担当者全員が誠実で、どんなわがままな要望も聞き入れてくれて素晴らしい家ができました。

3位:パナホーム(軽量鉄骨/重量鉄骨)


パナホームの施工例

→施工事例をチェック

坪単価目安 ○ 坪単価:50万円~
家づくりの
こだわり
○ ●高層ビル建築の一部で使われている独自の構造技術「HS(ハイパースペース)構法」や、外力による引張・圧縮の両方に力を発揮する斜材プレート「アタックフレーム」を採用。
●基礎には、地耐力に応じて布基礎とベタ基礎を使い分けている。
●耐震等級1、劣化対策等級3。
保証・アフターケア ○ ●主要構造部20年保証。
●引き渡し後、3ヵ月後、1年後、2年後は定期点検(アフターサービス)。3年目以降20年目まで、5年毎に無料点検(メンテナンスサポート:25年目から有料)。

【施主の口コミ評判】

  • 新居のために農地を宅地に転用する手続きもお手伝いしていただき、とても助かりました。設計案の時点で、気に入った所がたくさんあり、計画を進める過程でさらにこの家が好きになりました。
  • ソーラー発電システムやオール電化仕様、汚れに強い光触媒タイルなど、エコライフ技術を生かした提案が充実していたパナホームに決めました。

4位:積水ハウス(重量鉄骨)

積水ハウスの施工例

→施工事例をチェック

坪単価目安 ○ 坪単価:53万円
家づくりの
こだわり
○ ●βシステムの構造の重差にも十分耐えられる設計を施し、標準装備の「TMD制震装置」が標準装備・地震の揺れなどを大幅に削減。
●強度と耐久性に優れた「連続布基礎」を採用。
●耐震等級3、劣化対策等級3。
保証・アフターケア ●構造躯体と雨水侵入防止部分20年保証。
●引き渡し後、5年目、10年目、15年目無料点検。

【施主の口コミ評判】

  • 大震災もあったので災害時の安全面なども考慮した結果、積水ハウスさんの耐震性や耐久性の高さが決め手のひとつとなりました。
  • 注文住宅を建てるのは初めてでしたが、すごく親身になって話を聞いていただき、設計士さんやカラーコーディネーターさんなども私たちと同じ目線で話をしてくれました。

5位:ヘーベルハウス(重量鉄骨)


ヘーベルハウスの施工例

→施工事例をチェック

坪単価目安 坪単価:70万円
家づくりの
こだわり
○ ●柱だけで建ち上がり、筋交いが不要なほどの安定感を持つ工法「システムラーメン構造」を採用。
●耐風等級2、耐震等級3、耐火等級2、劣化対策等級3。
保証・アフターケア ○ ●基本躯体構造を構成する部材は60年以上メンテナンスフリー。
●60年点検システム(30年目まで無料)、1年後・2年後・5年後に基礎・サッシ等の点検。

【施主の口コミ評判】

  • 東日本大震災時、我が家は何ともなく無事でした。これだけ地震が頻発する今、本当に強い家にしておいてよかったと思っています。
  • 展示場にでもヘーベルハウスの方にはとても良い対応をしていただきました。設計も女性の方で、主婦の動線を理解した納得のいく設計をしていただきました。

1位は坪42.8万円から完全自由設計が可能な「株式会社ワイビルド」

1番のおすすめは重量鉄骨住宅を専門に設計・施工している「株式会社ワイビルド」です。

株式会社ワイビルドが建てる重量鉄骨の施工例株式会社ワイビルドでは、注文住宅「ルプリ」3つと、企画型住宅「ポーネ」2つの計5つのプランを用意。予算や希望、ライフスタイルに合わせて選べるよう、価格や設備を明確にしている分かりやすいシステムとなっています。

重量鉄骨住宅「ルプリ」は、坪単価42.8万円からとリーズナブル。しかもその価格で完全自由設計の注文住宅が建てられるのです。

株式会社ワイビルドが建てる重量鉄骨の施工例鉄骨住宅の相場は坪単価50~85万円、注文住宅で建築すると坪単価85万円~100万円台、企画型住宅でも坪単価50万円以上はかかるといわれており、株式会社ワイビルドはかなり低価格であることが分かります。

さらにローコストで重量鉄骨住宅を建てたい場合、外観デザインを選べる企画型住宅「ポーネ」なら1,360万円(28.43坪)からという低価格で、重量鉄骨住宅が建てられます。

株式会社ワイビルドが鉄骨住宅を安く施工できる理由は、鉄骨住宅専門の会社であり、広告費や無駄な費用を削減する等、コストダウンに関するノウハウを駆使しているからなんです。

株式会社ワイビルドの独自工法「外周ブレース+水平ブレース構造」また、柱には十分な強度を持った太くないもの、梁には太い部材を使用することで、空間が本当の長方形になるように設計

部屋の角の柱が出てしまうという鉄骨住宅のデメリットを解消し、さらに空間を広く取ることができます。

耐震性・耐久性を追及した重量鉄骨の注文住宅を建てられる

もともと重量鉄骨造の住宅は耐震性が高いのですが、株式会社ワイビルドでは更なる耐震性の向上を図るために、以下のような強度にこだわった工法を採用しています。

  • 「制震ブレース工法」
    壁面・床に強固なブレース(筋交い)を設置することで、地震の横揺れに対応。
    横方向からかかる水平変形量は、一般木造住宅に比べ、約半分以下に軽減できる。
  • 「角型鋼管柱」
    1本の柱で、135kNもの長期許容耐力があり、耐荷重は一般木造の柱の約5倍以上に相当する。
  • 「ベタ基礎」
    基礎にはベタ基礎(建物全体の底面全体にコンクリートスラブを組む)を採用している。
    多くのハウスメーカーが採用している布基礎は、軟弱な地盤には不向き。
    ベタ基礎なら多少の軟弱地盤でも、標準仕様で対応できる。
  • 「通常の1.5倍(0.3)に地震係数を設定」
    長期荷重と風圧力等に対する安全性を確認したうえで、構造計算を算出。
    引渡しの際には、構造計算書も渡している。
  • 「防錆塗装」
    鉄骨住宅の建設に不可欠な防錆対策もバッチリ。

リーズナブルなのに、耐風等級2、耐火等級2、劣化対策等級1、最高等級3と同等の耐震性能を持つ高品質な重量鉄骨住宅が実現できます。

株式会社ワイビルドの保証地震・台風・経年劣化等のあらゆるケースに配慮した設計・施工を取り入れ、安く住宅を提供するだけでなく、今後施主がずっと住み続けることも考慮して「万全の住宅機能を備えた家を造る」という、企業姿勢が伺えます。

さらに、株式会社ワイビルドでは、通常10年以上延長できない住宅瑕疵保険をさらに10年延長できる「20年保証」がついてきます。

3ヶ月・2年・5年・10年・15年の計5回にわたる無料のアフターメンテナンスがつくのも、安心できるポイントだと言えますね。

>>株式会社ワイビルドがつくる鉄骨住宅についてもっと詳しく<<

 
鉄骨住宅.com【首都圏版】