CLOSE

鉄骨住宅.com【首都圏版】 » 鉄骨住宅メーカーのモデルルームに潜入! » ワイビルドのモデルルーム

ワイビルドのモデルルーム

ワイビルドのモデルルームに行ってきました!

ワイビルドのモデルルーム

楽しみにしていたのはガレージ部分。車好き、そして自転車好きにとって、ビルトインガレージは、魅力的なポイントの一つです。駐車代も節約できます。また、リーズナブルなのに自由設計という点もこのハウスメーカーに惹きつけられた理由の一つです。

木造住宅とあまり変わらない価格で鉄骨住宅が建てられる、という情報を手に入れたので、それも確かめに行ってきました。

モデルルーム概要

住所 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-264-1
さいたま新都心コクーンシティ住宅展示場内
営業時間 9:00~18:00
公式HP・お問い合わせ http://ybuild.jp/

予約方法

モデルルームの予約方法は基本的に電話となっているようです。今回はあらかじめ電話で連絡を入れてから行きました。

電話で対応してくれたスタッフの方の対応はとても丁寧で、安心しました。今回私は日曜に行ったのですが、週末は特に事前予約してから行くほうが確実かもしれません。

モデルルームまでさいたま新都心駅から徒歩6分

ワイビルドのモデルルームのさいたま新都心駅

モデルルームがあるのはJR宇都宮線(東北線)・高崎、京浜東北線の「さいたま新都心駅」。

さいたまスーパーアリーナが近いのでイベントがある日などは、利用者が特に多そう。実際、この日もアイドルのコンサートが開催されていたので大変混雑していました。

ワイビルドのモデルルームまでの道のり ワイビルドのモデルルームまでの道のり

駅の出入り口は一つしかないので迷いませんでした。改札を出たら、東側に向かって歩きます。途中、左手に「cocoon3」が見えてくるのでそのまま通過。

映画館やショッピングモールがあるので、モデルルーム帰りにブラっと立ち寄れました。突き当たりを左に曲がると……目標の「コクーンシティ住宅展示場」が見えてきます。

ちなみに、帰りにちゃっかり前から見たかった「グレイテスト・ショーマン」を見ました(笑)

ワイビルドのモデルルームまでの道のり ワイビルドのモデルルームまでの道のり

モデルルームに到着!

コクーンシティ住宅展示場入口

こちらの展示場は駐車場も完備されているので車で来ても安心です。そして、いよいよ展示場の中に。TVなどで目にするハウスメーカーの住宅が建ち並ぶ、まさしく住宅街の一角に、目標である株式会社ワイビルドのモデルルームを発見しました。

ワイビルドのモデルルームまでの道のり ワイビルドのモデルルームまでの道のり

まずは外観から

真っ先に目に飛び込んでくるのは、やはり目当てにしてきたインガレージ。魅力的なクラシックカーに、これまた自転車好きにはたまらない棚に置かれたクロスバイク。

大切な愛車を守るための場所であると同時に、趣味の空間としても使えそうなガレージです。

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

内装の様子

ワイビルドのモデルルーム

モデルルームの中へ。玄関を抜けるとすぐにリビングがあり、先ほど外から見たインガレージを、今度はガラス越しにみられるようになっています。スタッフの方もとても丁寧に対応。まずアンケートに必要事項を記入した後、早速見学がスタートです。

ワイビルドのモデルルーム

モデルルームは3階建て構造。二世帯住宅を想定した作りになっています。1階が家族が一同に会するリビング、2階が子ども世帯で、一番眺めがよく風の通りも良い3階部分が親世帯の住居となっています。

1階から3階までが吹き抜けになっており、まったく狭さを感じることがなく、開放的な素敵な住まいになっていました。

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

2階の吹き抜け部分からベランダに向かう通路は、木造や規格住宅では実現することがむずかしいキャットウォークとなっています。下が透けていて不安を感じる方もいるようですが、家の構造体にも使用している鉄材を使っているので安心して体を預けることが可能です。

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

こちらは2階の子ども部屋。一部の壁を取り除くことで開放感のある室内になっています。鉄骨住宅の可変性が合間見れます。

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

2階の寝室。落ち着いたシックな印象の部屋でした。そのすぐ横には、一畳ほどの広さで、集中して仕事ができそうな書斎。そして、洋服、バック、小物などが収納できるウォークインクローゼットもあります。

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

3階部分は、親世帯が暮らすことになる1LDKほどの広さの居室。大きめの窓が開放的な空間を醸し出していました。ベランダへも簡単に出入りできました。

ワイビルドのモデルルーム

入店するとまずアンケート表を渡されます

モデルルームに入ると、予約していたのですぐに出迎えてくれました。そして、これから始まる見学ツアーの資料となるアンケートに記入。氏名や住所、家族構成といった項目で、記入を控えたい場合には空欄でもOKだそう。

ワイビルドのモデルルームでもらったアンケート用紙

担当してくれたのは温厚な男性スタッフ

対応してくれたスタッフの方は、とても人当たりが良く、紳士的な人でした。「モデルルームに行くときはある程度の知識があったほうが」と考えがちですが、分からないこと、気になったことには、何でも答えてくれるので、フランクな気持ちで気軽に足を運んで、何でも質問できました。

質問されたこと

担当者からは。事前にアンケートで記入した以外のことは、あまり質問されることはありません。強いていえば「家族の趣味」や「家づくりにおいてどこに力を入れるか?」といったところでしょうか。

教えてもらったこと

大手で打ち出している長期保証体制。実は、これには大きな仕掛けがあることを聞くことができました。

例えば重量鉄骨などでおなじみの60年保証。単純に年数だけみれば魅力的ですが、実は30年が経過したらリフォームを実施することを前提としていることが多く、その工費があらかじめ料金に含まれていることがあるそうです。

つまり「30年が経過→リフォーム→改めて30年保証」ということ。

ワイビルドでは、こうしたプログラムはあえて組まずに、30年が立った時点で補修が必要な箇所だけに工事を施工することで、実質的にコストを大幅に削減することができているそうです。

営業マンに質問してみました!

現場で質問して、教えてもらったことをここからまとめます!

Q.「このモデルルームのアピールポイントは?」

A.「頑丈さはもちろん、やはり思い通りの部屋を実現できる自由な設計力です。それでいながら、鉄骨住宅を木造住宅と変わらないほどの価格で実現できるコスト力も大きな魅力の一つです。また、ワイビルドの創業100年で培った高い技術力も大きなアピールポイント。」

実際に、大きな商業施設をいくつも手がけてきたそうで、その技術力は、家づくりを行なう施主にとって、絶大な信頼を寄せられるポイントとなるかもしれません。

Q.「他のメーカーとの違いは?」

A.「通常、重鉄骨住宅を手掛けるハウスメーカーは、厚さ6mmの鋼材の重鉄骨だけで住宅づくりを行ないますが、ワイビルドでは柱には軽量鉄骨、そして建物の屋根や床といった重量を支える梁には、重量鉄骨を用いています

さらに、溶接・ボルト・接合の場所を一般的な鉄骨住宅よりも多くすることで、十分な強度を実現しています。」

Q.「3000万円の予算で30坪の土地だとどういった家を建てられる?」

A.「ワイビルドの建てる住まいの平均的な坪単価は35〜40坪で約60万円。平均すると2,500万円ほどという、まさに木造住宅とあまり変わらない価格で、鉄骨住宅、インガレージのある自由設計の住まいを実現することができます。ちなみに、鋼材や部材は、長年の実績と信頼の中で培ってきた独自のルートを使って卸値で仕入れています。」

また担当者曰く、分譲や中古、介護施設や保険事業などを手がける株式会社ワイグネット・ホールディングスのグループなので、土地探しから資金計画まで幅広く相談できるとのことでした!

Q.「規格住宅はどこまでできる?」

A.「株式会社ワイビルドの建てる住まいは基本的に自由設計となっています。もちろん部材のセレクトもできます。

鉄骨住宅の弱点を補う施工も柔軟に行なえるのが、ワイビルドのメリットの一つ。基本的に鉄骨住宅は鋼材を使っているため熱伝導を伝えやすいという弱点をもっています。そのための対策として、空調設備などにコストをかけることが多いのですが、ワイビルドでは、熱伝導を最小限に抑えるために、熱の影響をもっとも受けやすい屋根組には木材を使用しています。

また、一級建築事務所でもあるため、施工から最終的なメンテナンスまで、一貫した体制で家づくりを行なってもらえます。」

Q.「モデルルームはどういう人が来ることが多いですか?」

A.「多くはインターネットを見て来訪することが多いということで、特に二世帯住宅に関心のある方が多いのだとか。その他には、インガレージが気になった方、3階建て住宅を建てたいと考えている方、そして狭小地で、インガレージや3階建て住宅を実現したい方たちが訪れることが多いです。」

ちなみに、ワイビルドでは土地探しから相談に乗ってもらえるということなので、気になった方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

住宅設備について

ワイビルドのモデルルーム ワイビルドのモデルルーム

これから二世帯住宅を建てる家族には、期間限定ながらホームエレベーターが標準装備となるようです。3階建ての住まいでは、高齢者が階段を使って上り下りするのも一苦労。また、足腰を弱めている方の移動も非常に困難なものとなります。

モデルルームに設置されていたホームエレベーターは、人間2人がラクに乗り込めるほどの広さで、大きめのボタンが設置されているので非常に使いやすかったです。

また、1階から3階まで荷物を運ぶときにも大変重宝しそう。軽量で断熱性、防音性、耐震性、防火性などに優れたALC外壁、泡状の断熱材も使用しています。

モデルルームに訪問してみて…

今回、株式会社ワイビルドのモデルルームを訪ねてみて、本当に住宅の奥深さを知ることができました。特に印象的だったのは「施主の希望に沿った住まいを実現するために必要なことは可能な限りやる!」という熱意。対応してくれたスタッフの方たちのやわらかい物腰の向こうに、そんな執念にも似た熱意と自由設計に対するこだわりを感じることができたのは大きな収穫です。

そして、印象に残ったのが「ベタ基礎」です。通常、鉄骨住宅の基礎部分は鋼材が建ち、その上に床などが重ねられるので、基礎部分が空洞になっていることが多いということ。

しかし、ワイビルドでは、基礎部分にしっかりと耐震性能をもたせるために、この空洞部分をコンクリートなどで補強しています。これは非常に手間がかかることで、一般的なハウスメーカーではあまり聞きません。

当日もらったもの

ワイビルドのモデルルームでもらったパンフレット

今回のモデルルーム見学でワイビルドさんから頂いた資料は以下の通りです。

  • ワイビルドの住宅ブランド「リプリ」と「アーバン」の資料
  • モデルルームの見取り図
  • グループ会社である株式会社ワイグッドホールディングスの会社案内
  • 重量鉄骨の家Q&A
  • 株式会社ワイビルドの企業概要

今回訪問したモデルルーム

住所 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-264-1
さいたま新都心コクーンシティ住宅展示場内
営業時間 9:00~18:00
公式HP・お問い合わせ http://ybuild.jp/

ワイビルドに
電話で問い合わせる
0120-450-755

公式情報に載っている坪単価で比較!
安さと実績のある会社3選
ワイビルド

はじめての家から趣味を活かした家まで大手と違い自由設計なのにこの安さを実現

ワイビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 51.4万円~
軽量or重量 軽量鉄骨と重量鉄骨
自由設計 可能
サンヨーホームズ

外観のデザインは6つの企画から提案。軽量鉄骨ながらも長寿命な住宅づくりを提案

サンヨーホームズ公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 65万円~
軽量or重量 軽量鉄骨
自由設計 可能
ビー・エル・ビルド

戸建住宅だけでなく賃貸用の集合住宅まで埼玉県越谷市地域密着の実績ある

ビーエルビルド公式サイト↑画像を押しても公式サイトで詳細を見れます
施工価格/坪 74万円~
軽量or重量 不明
自由設計 不明