首都圏で鉄骨住宅を建てるメリットを詳しくお届け!

家族が自然と集まる広いリビングのある住まい

将来間取り変更もラクにできる二世帯向けの鉄骨住宅。ここでは、東京都内の鉄骨住宅施工事例を紹介しています。

最近では、広い土地にたつ親の家を建て替えて2世帯住宅にする子供世帯が増えています。親子2世代で全く違う家のイメージを持っている方がほとんどですが、やはり耐震性などの住宅性能や耐久性など、長い目で見て鉄骨住宅を選ぶ家族が多いようです。

親と子の個性が活かされた東京の二世帯住宅

株式会社ワイビルド

重量鉄骨のメリットを存分にいかしてつくられた生活空間を、上下に分けた完全分離型の二世帯住宅です。

1階は愛犬と暮らす親世帯、2Fはルーフバルコニーへと続くリビング内階段と、勾配天井がポイントのモダンで開放感あふれる子供世帯。

暮らし方や趣味・嗜好に合わせて、室内の印象もまったく異なりますが、階段ひとつで親子2世代が楽しく交流できる住まとなっています。

●施工会社:株式会社ワイビルド

親世帯、小世帯の異なるイメージを融合させた住まい

セキスイハイム

一緒に暮らしながらも世帯ごとの異なる生活環境を大切に考え、居住空間は中でつながっている住まい。

玄関は2か所で、キッチン、浴室、サニタリーなど水回りもそれぞれの世帯に設けています。

和をイメージした親世帯は1階にあり、和室は外観のイメージを壊さないモダンな空間。

洋をイメージした子世帯は2階で、廊下に飾り棚を設けるなど、親しみやすい空間を演出しています。

●施工会社:セキスイハイム

つかず離れずのよい距離感を保てる2世帯住宅

トヨタホーム玄関ドアもホールも別々でありながら、場所は隣り合わせ、間をつなぐ一枚のドアが、絶妙な家族の距離感のために一役買っています。「仕切りたいけど、行き来したい」の、いいとこ取りができる仕掛けです。

玄関、キッチン、お風呂などをそれぞれに設け、ひとつ屋根の下で生活する空間を区切るので、それぞれの生活リズムでプライバシーを守りながら暮らすことができます。

●施工会社:トヨタホーム

 
鉄骨住宅.com【首都圏版】